<< 日本人学校体験入学 7年目のお詫び >>

言語切り替えスイッチ

子どもがもう一人できたと分かった時に、決めていたことが一つあった。

いつ頃、子どもは日本語も話し始めるのかを覚えておこう。

3月ちゃんの時にうっかりと記録を忘れ、もちろんその記憶は忘却の彼方に行ってしまったので
今回2月ちゃんの記録を残す。




娘二人とも、最初に出てきたのは「クメール語」。
日本語を話す親とは、日中ほとんど接しないのだから、それはむべなるかな。
その後も、私の話す日本語はほぼ理解しているようだが、それに対する返事も含め、
出てくる言葉はクメール語がほとんどだった。

2月ちゃんが2歳になって、その直後に2週間ばかり出張で離れ離れになった後、
戻ってきたら2週間ぶりにいろいろと「お?今までと違うぞ」と思うようなことがあった。
特に言葉。
私が話す言葉、3月ちゃんが話す言葉、これらをリピートすることが明らかに増えていた。
(3月ちゃんは、家にいる限りは2月ちゃんと日本語で会話している。おじいちゃんの家では
どうだったかな。これも、要観察)

そうしてある時、突如2月ちゃんから話しかけられた。

「まま、みて」

見ると、なんかへんな顔をして、こちらを笑わせようとしている。
おおおおおおおお。
これまでは、母に対してもクメール語で話しかけていた。しかし、今は
母に、日本語でちゃんと意味のある言葉で話しかけているよ!
そしてさらに驚いたことに、その後近くにいたおじいちゃんには、クメール語で
「おじいちゃん、見て」に相当する言葉を発していた。

2歳、言語切り替えスイッチができ始めていることを確認。

いろいろと、面白くなってきました。
[PR]
by leng0914yuki | 2016-04-05 18:40
<< 日本人学校体験入学 7年目のお詫び >>