<< 2017年のオモヒデ 日本人学校に入れてみて:親の心理 >>

夏の思い出2016

今年の夏も、母の出張に伴い、長女を連れての日本一時帰国を決行。
次女は、まだ日本のじじばばに慣れておらず、母不在の一週間を
乗り越えられないため、父と一緒にカンボジアでお留守番。
帰国前には、こちらの高揚感を悟ったためか、「チャチャン(次女は自分のことを
こう呼ぶ)、にほん、いく」と、スーツケースの中に自分の洋服を入れたり、
カバンを持ったりして、周りの大人たちをハラハラさせたけれど、空港では
別れを惜しむ時間をとらずに「じゃ、いい子で待っててね!」と、風の如く去っていく
作戦で、見事置き去りに成功。

(1)ポケモン
周囲で話題になっていたポケモンGo。
全く関係ないと思っていたけど、実家(神社近く)の駐車場がどうも出没エリアになっていたらしく、
見知らぬ若者(だけではなかったが)が、実家の周辺をウロウロしていたのがなんとなく
面白かった。

(2)オリンピック
ちょうど開会式から実家での滞在が始まったため、何十年ぶりかで、開会式を見て、
様々な種目をテレビで見る機会があった。
長女も、おそらく初めてのオリンピック観戦。
「日本、勝った?」と気にするあたり、おお日本人の血を意識しているのかしらと思う反面、
ただ単に、カンボジアの活躍が全く聞こえてこないせいもあるのかと分析。
オリンピックに出るためだけにカンボジア国籍を取った選手のことは、カンボジアではまーーーーったく
話題になっておりませんので、あしからず。

カンボジアに戻ったら、次女も全く変わらずに元気にしており、安心。
でも、戻った翌日、スーツケースの中身を片付けしていると、突然次女が、

「マ・ボックニョム(私のお母さん)」

と足にぎゅっとしがみついてくる。
へ?なんでまた突然?と思ったけど、寂しい思いをさせていたのかもしれないと勝手に
想像し、母胸が詰まる。

やっぱりみんな一緒に日本へ行きたいよね。
でも姉妹揃って日本帰国すると、日本のじじばば、ぶっ倒れちゃうよなぁ。

来年のことを考えると、今から憂鬱になりそうである。
[PR]
by leng0914yuki | 2016-08-15 18:13
<< 2017年のオモヒデ 日本人学校に入れてみて:親の心理 >>