<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ただ今日本です。

7月26日から日本の名古屋にいます。
人生初名古屋。
高校時代の友達にも会え、コンビニの冷やし中華も食べ、
続きが気になっていた本も読め(でもまだ全部ではない)、
したかったことを着々とこなしています(いや、仕事できているんだけど)。

しかし気になるのはカンボジアに残して来た3月ちゃん。
私が日本に戻る前から風邪をひいていて、直前には39度の熱を出す。
2軒目の病院で、耳の奥が腫れている(おそらく中耳炎)と
診断されてしまった。
昨日もカンボジアに電話をしたら、また熱を出したそうな。
耳も痛そうにしているそうな。ネットで調べたところ、風邪で中耳炎
というのは小さい子どもによくあるということだが、自分はなったことがないので
どんなに痛いのかもよく分からない。かわいそうだよー。
心配だなぁ。早く治るといいなぁ。

という私も、3月ちゃんからもらった風邪が日本で発症。咳と鼻水に
苦しんでいます。
今朝健康診断を受けたついでに、風邪薬ももらって、飲んだら症状が
軽くなった!
すごいぞ、日本!保険もきいて、安いぞ、日本!ああ、3月ちゃんも連れて来て
病気を治してあげたいよ・・・

そんな便利で安心な国、日本。しかし、どうして自分は「さて、後はあれを
してこれをしたら、カンボジアに戻るぞ」と考えているのだろうか。

不思議。

明日は広島へ行きます。
[PR]
by leng0914yuki | 2011-07-29 23:39 | Comments(5)

あてあて期

Terrible two、魔の2歳児、憎い三歳(韓国では数えらしい)。

第一次反抗期を迎える子どもの年齢は世界共通らしいと思うと
なんだか微笑ましいというか、どこの国でも親は苦労してるんだなと
同志意識が芽生える。

少し前の記事で「3月ちゃんはいやいや期か?」という内容を書いたけれど、
あれは間違いでした。正確には、

あてあて期

です。

あて?
[PR]
by leng0914yuki | 2011-07-21 18:53 | Comments(0)

口がないことに、いつ気づくか

「育児しています」というのもおこがましいほど、一日の大半を義母家に娘を
預けている私の育児に関する座右の銘は、「見ざる、言わざる、聞かざる」。
魔法の呪文は「カンボジア人だって、たくさん育っている」

その「育った結果」のカンボジア人たちを見て、私が「これだけは、私がしつけなければ
なるまい」と思っていることが、2つある。

「歯磨き」と「ゴミをゴミ箱に捨てる習慣」だ。

それだけかい!
[PR]
by leng0914yuki | 2011-07-12 12:18 | Comments(7)

「扶養」してますが、何か?

仕事が無事に決まりました。
同じ職場だけど、今までの現地採用から、日本の某大学からの派遣、
という形になります。
公務員になるそうで、保険のことやら採用に当たっての
書類提出やら、怒涛の如く押し寄せてきています。

でもまぁ、こういった事務作業は嫌いではない。

一連の事務手続きのやり取りの中で、次のようなことを大学の
人事部から言われた。

『お子様が現在、国保加入とのことですが、共済組合の被扶養者とするには、
以下の書類が必要となりますので、ご準備願います。

・続柄を確認できる書類(住民票等)
・ご主人から扶養に入れていない旨の念書
「rain様と比較して収入が低いため、お子様の扶養に関しては、
rain様に一任している旨の記載」が必要です。


ただの事務的な手続きということで、さらっと流すこともできるし、実際に流すつもりでは
いるんだが、この一文を読んだ時に「ざらっ」とした気持ちになった。

以下は日本国憲法による「扶養」の定義。
[PR]
by leng0914yuki | 2011-07-08 14:40 | Comments(9)

鳩ぽっぽ

プノンペンの王宮前広場には、鳩がたくさんいる。
なぜかというと、餌売りがいて、それを買った人がいつも撒いているので
集まってくるというわけだが、実母の「鳩の目って、怖い」という言葉が
刷り込まれている私としては、あまり魅力的な場所ではない。

先日、王宮前を親子で通った時に、だんながバイクを止めて、餌売りから
餌を買う。
3月ちゃんにやらせようという魂胆。

どうなったかと言いますと
[PR]
by leng0914yuki | 2011-07-01 17:36 | Comments(2)

首都から1時間半

の山の上から見た風景。

b0195373_13544214.jpg


目につく建物は何もなし。

山の上にある寺院から、ずっと下まで伸びている道。

b0195373_1355596.jpg


こんな道を、昔の人はお参りしていたんだろうか…

ふもとから頂上まで、階段登り続けて約1時間。もちろん、次の日はふくらはぎが筋肉痛だった。
[PR]
by leng0914yuki | 2011-07-01 13:58 | Comments(0)