<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

インドのせい

音楽的素養の全くない両親のもとで育つ3月ちゃん。
親としては、何か音楽関係の習い事をひとつさせたいなぁと
目論んでいる。
候補としては、アプサラダンス。
これは、あながち親の押しつけという訳ではなく、3月ちゃんはけっこう
ダンス好きであることが判明している。
クメール音楽が聞こえてくると、どこで覚えたのか、手を上下に動かし、
ちゃんと蓮の花が開くポーズをとっている(とろうとしている)。
ロックな音楽では体縦揺れ

いいじゃない、いいじゃない。ちょうど知り合いに芸大関係者がいるので
その人に先生を紹介してもらってもいいじゃない。
などと、母のドリーム(妄想)は広がっているのだ。

で、インドと何の関係が?
[PR]
by leng0914yuki | 2011-11-24 14:48

末恐ろしい・・・


昨日、3月ちゃんが家の前で三輪車に乗っていた時のこと。
3歳くらいの男のことが、自分が乗りたいのか3月ちゃんと遊びたいのか、
後ろから三輪車を押した。
威嚇のうなり声を出し、しまいには泣き出す3月ちゃん。
軽く相手をぶった。
すると、3歳男子、3歳の精一杯の力で3月ちゃんをぶち返した。

もちろん大泣き。
[PR]
by leng0914yuki | 2011-11-11 14:16

蟻と母さん

出てくる言葉はクメール語が断然優位だけれど、私が日本語で言うとそれを
繰り返すようになった3月ちゃん。
「熱い」「ない」に関しては、両方の言語で理解して、適切な場面で言える
けれど、私の前では日本語を言っている、気がする。もしかしたら、
義母の家でも日本語で言ったりしているのかな。

3月ちゃんは私を「マッ」とクメール語で呼んでいる。
私自身は、自分のことを「おかーさん」と呼んでいて、「おかーさんどれ?」と
日本語で聞くと私を指差すので、「おかーさん」という言葉は認識しているようだけど、
やはり言いやすさで負けるのか、いまだ「おかーさん」と私を呼ぶのは聞いたことがない。
私の耳には、この「マッ」は「マッ」以外の何者にも聞こえないんだけれど、
例えば私の姿が見えなくなって3月ちゃんが大きな声で私のことを呼ぶ時には

「マーーーーーーーーイッ」と聞こえる発音をする。

もしかしたら、最後に小さく「イ」の音声が入るのが正しいのかもしれない。
1歳児、音声面はとっくに母を凌駕している模様。

ある日のこと
[PR]
by leng0914yuki | 2011-11-02 15:12